おうち英語おすすめ教材はこちら>>

【レビュー】子供オンライン英語学習:GSA Online とネイティブキャンプ(NativeCamp)の比較

オンライン英会話_GSAオンラインとネイティブキャンプの比較 おうち英語

幼児の GSA Online と NativeCamp の活用方法

我が家のGSA Online(GSAオンライン)、NativeCamp(ネイティブキャンプ)利用歴は以下です。

  • 3歳ぐらいからGSAオンラインのライトプランを利用
  • 4歳過ぎぐらいからNativeCampを併用

子供をオンライン英語教室に触れて1年半経過した今頃、子供の成長を振り返りながら、幼児の GSAオンライン 、ネイティブキャンプ活用方法を紹介します。

子供の発達や英語レベルに合わせて、GSAオンラインとネイティブキャンプを使い分けると良いと思います。

【0歳から小学生向け:GSAオンライン & ネイティブキャンプのおすすめ利用方法】

  • 0~2歳の時期で、英語の世界への第一歩として、英語を楽しく触れたい場合、まず英会話を超える子供の英語学習ができるGSAオンラインの無料プログラム(Story Time, Art, Yogaなど)を利用するだけで十分
  • 3歳頃、GSAオンラインレッスンで英語に親しんできて、1対1レッスンを受けてみたくなったら、コストパフォーマンスが良い、月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!のネイティブキャンププライベートレッスンを受ければいい
  • ネイティブキャンプを使い使う時、子供対応可で子供との相性が良さそうな先生をできる多く探してお気に入りにいれる(100名目安、いつでも気に入る先生の誰かがオンラインする状態を作っておく)
  • ネイティブキャンプはフィリピンの先生が多いイメージ。フィリピンの先生ではない先生のレッスンを受けたい場合、セルビア、南アフリカなどの先生がおすすめ(ネイティブ受け放題のオプションは使わなくてもネイティブに近い品質のレッスンを受けれる)
  • ネイティブキャンプを使うとき、オンラインレッスン入門編として、かわいいキャラクターでシンプルな「ネイティブキャンプ独自のキッズ教材」を最初に使う
  • オンラインレッスンに慣れてきて、会話力を伸ばしたかったら、「Let’s GO 1~6」を、読み書きを強化したかったら「Let’s GO Phonics 1~3」を使ったレッスンを受ける
  • GSAオンラインでも幼児の読み書き力のトレーニングに特化した「Phonics Bootcamp」コースがある。コストパフォーマンス重視でゆっくり時間をかけてフォニックスを学習したい方にはネイティブキャップの「Let’s GO Phonics 1~3」レッスン、短期集中でフォニックスを効率的に習得したい方はGSAオンラインの「Phonics Bootcamp」コース受講がおすすめ
  • ネイティブキャンプのSIDE by SIDE や Callan for Kidsも体系的で良質な教材ですが、絵や構成は入学後の子供向けなので、幼児には向いていない(我が4歳の子は合わなかった)
  • 4歳頃で、言葉が爆発に発達する時期に、とにかくネイティブキャンプでたくさんのレッスンを受けて、良質のインプット、アウトプット機会を大量に作る(単語量、会話力が爆発に伸びる)
  • 4歳半頃から、ある程度文字の認識やスペリングができるようになったら、ネイティブキャンプの「ゲームで英会話」コースも楽しいレッスンができる
  • 「英語学ぶ」ネイティブキャンプに物足りないと感じたら、「英語多彩のカリキュラムを受けれる」GSAオンラインのライトプランを併用することがおすすめ。GSAオンラインの英語で数学や、プログラミングコース、グループコースなどを通じて、応用的な英語力を身に付ける
  • GSAオンラインの英語で学ぶコースは、小学生以上向けのコースも豊富であるため、小学校入学後でも大いに活用できる

GSA Online / NativeCamp(ネイティブキャンプ)利用申込み

GSA Online公式サイトから申し込む

Global Step Academy(GSAオンライン)の利用については公式サイトから申し込めます。
子どもの基本情報と英語学習歴を入力し、当日から2週間の無料利用期間が設けられています

NativeCamp(ネイティブキャンプ)公式サイトから申し込む

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の利用については公式サイトから申し込めます。
名前やE-mail、生年月日を入力し、申込後にすぐオンライン講師とのレッスンが可能です。無料体験期間は7日間です。


《参考》
おすすめおうち英語教材
モンテッソーリ式のSTEAM教育・おうち英語・中国語教材教具と教育情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました